観音店
ShopINFORMATION

2021.07.08《観音店》大雨でかからなくなったときは…?


こんにちは観音店スタッフの島原です!

 

非常に強い雨が続いてます

 

出かけられる際は気を付けてお出かけください

 

 

今回は大雨の時のオートバイについて

 

『水たまりに浸かったらエンジンがかからなくなった!』

本日お問い合わせ、搬入が何件かありました

 

水に浸かるとオートバイはどうなるのか、事例を交えてご説明します

 

 

状況にもよりますがまずエアクリーナーまで浸かった場合は状態かなり悪いです

空気の吸い口から水が入ってエンジン内に流入するとエンジンオイルに水が混ざり使えなくなります

 

さらにその状態でエンジンをかけようとすると水圧やオイル性能の低下によりエンジンが壊れる恐れがあります

 

なのでエンジンに水が入ったと思われる時は停車中はもちろん走行中であっても絶対にエンジンをかけないでください

 

オイル交換をしてかかれば一安心ですが車両の状態としてはかなり悪くなります

 

次にエアクリーナまで水が浸かってないけどエンジンがとまった場合

 

この場合は様々な原因が考えられますが、一番多いのは電装系の漏電

 

特に年数の経った車両に多く見られます

 

今回の修理は火を飛ばすスパークプラグに電気を流すスパークプラグキャップからの漏電でした

 

この隙間に水が入り込むことで漏電しスパークプラグから上手く火が飛ばなくなる事でエンジンがかからなくなってしまいます

 

なのでしばらく時間を置くとかかることが多いです

 

ただ一度こうなると雨水が入り込んで中をサビさせている可能性があるので、またエンジンがかからなくなることがあります

 

出来れば部品交換することをお勧めします

 

 

いかかでしたか?

 

急にエンジンがかからなくなると怖いですよね

 

ただ身の安全を一番に考えて雨の日はオートバイでの移動を控えるのも一つの手です

 

道路も滑りやすくなっていますし、視界も非常に悪いです

 

お怪我、事故、などが無い様気を付けて下さいませ!!